ホーム » 未分類 » 個人でする場合

個人でする場合

債権回収ですが、別に弁護士が居なくても出来なくはないです。ただし、一部の方法は弁護士が居たほうが圧倒的に便利ですし、すること自体難しい場合があります。ともかく今回は個人で債権回収をする場合について説明していきます。

個人で債権回収を行う場合、最初は書面による催促から始めるのが良いです。相手に未返済のものがあり、それを返済して欲しいことを説明と催促することが出来ます。これくらいならある程度考えることで出来るので個人で出来る方法となります。ちなみに、書面以外にも電話などで連絡などもすることが出来ます。これをしてみると良いです。弁護士でもこの段階があります。弁護士ほど効果が高くはないですが、上手くいけばこの段階で回収できる場合があります。

次に、交渉です。上記の催促で効果がない場合は交渉による対処を行っていきます。交渉により回収を促していきます。場合によっては一部の返済を考えないで交渉をするのも良いです。ただし、交渉ということである程度の経験がないと上手くすることが出来ない場合があります。場合によっては逆効果になる場合もあります。ですから、専門家である弁護士などに相談をしてやってもらうのが良いです。

このような方法で、個人での債権回収をすることが出来ます。個人なら弁護士にやってもらうよりは費用が抑えられます。ただし、成功率は下がります。ですから、個人出来る範囲ですることが良いです。